かぶせ付け

Posted at 09/08/26 Comment(2)»

りんどう

アメリカンフラワーで製作したりんどうです。
生徒さんの作品なのですが
ガラスのようなイメージにしたかったので
あえてクリヤーの分量を多めに・・・
ディップ液はバイオレットとディプシーブルーを使っています。
りんどうはつぼみが多いですよね。
球体の作品の製作は
アメリカンフラワーが最も得意とするところです。
今回はかぶせ付けの技法をちょっとだけ説明してみようと思います。

レッスン1

太目のワイヤーで輪を作ります。
輪をディップして幕をはらせます。

レッスン2

ワイヤリングしておいたつぼみを静かに膜の中に入れてください。
今回はつぼみをぼかしで製作したかったので
先端にポイントの色を少しだけつけてからかぶせ付けをしています。

レッスン3

根元まで輪にくぐらせます。
そのまま上まで戻します。
ワイヤーに液が付いてつぼみの完成です。

かぶせ付けはアメリカンフラワーでは頻繁に使う技法です。
皆さんも試しに何か作ってみてください。
またまたアメリカンフラワーの楽しさが見出せますよ。


☆★☆---------------------------------------------------------☆★☆

アメリカンフラワーのことならアトリエK

ディズニーの手芸のことならディズニトミタ

ご来店心より、お待ちしております!

☆★☆---------------------------------------------------------☆★☆

"かぶせ付け"へのコメント

CommentData » Posted by 噂のK at 09/08/27

透明感がたまらなく綺麗ですね

最近お花屋さんで“りんどう”見かけるようになりました。

優しいピンク色もありますが、やはり紫というか青というかオーソドックな色が素敵だと思います。

かぶせ付け、、、苦手です(汗)

CommentData » Posted by ミセス久美子 at 09/08/28

噂のKさんこんにちは

かぶせ付け、、、苦手だったんですかぁ~

しらなかった・・・・・

でも、 大丈夫ですよ

色々お勉強を積み重ねて行くと
なんであの時 あんな事が難しかったんだろう
って思う日がきっと来ますよ。

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門


アメリカンフラワー アトリエK


ディズニー手芸 ディズニートミタ